2019年1月4日金曜日

読書の年に・・・・【喜働のココロ No.215】

年末年始、私は東京の実家で過ごしました。
昭和5年生まれの父親と10年生まれの母親が健在です。

とは言え、もう90近い年であり、耳も遠くなり、動きはゆっくり、同じことを何度も繰り返し話すという、痴ほう症まではいきませんが普通に老いてきています。

親にも何一つ心配なく、思い残しなく、その時には旅立ってもらいたいと考えていますので、自分自身の毎日を親や先祖に感謝して、前に前に向かっていきたいと心から思った正月でした。

そこで今年の1年は、過去の偉人や哲学者、心理学者などの本を中心に読んでいこうと考えました。
今ちょうど「アドラーの心理学」に少しはまっており、次に興味を持っていますのが「土光敏夫」です。


これまでに私はかなりの本を買い漁ってきましたが、実際のところほとんどの本が奇麗な状態のままです。
買って満足してしまい、読み切れないでいます。

そんな私が読書を今年の目標に掲げるのは、かなり無謀なことです。
でも折角の本ですから、流し読みでも何でも、一度読み通していこうと思っています。

親や先祖も含め、過去の人たちの考えに触れることは、間違いなく勉強になるはずです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

みんなが知っているわけじゃない!・・・・【喜働のココロ No.224】

『自分が知っていて、自分の周りの人も知っているのだから、(当然)みんな知っているはず!』 と思っていることってありませんか? 『そうではない!』と今更ながら再認識しました。 自分と自分の周りにいる人は、結構仕事繋がりであったり、普段から何気なく会話をしているわけで...