BPOの活用・・・・【喜働のココロ No.85】

「BPO」って聞いたことありますか?
「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」の頭文字から「BPO」となっています。

実はお恥ずかしながら、この言葉は今年になってから知りました。
「アウトソース」とか「アウトソーシング」という言葉は、かなり以前から知っていましたが、最近は「BPO」に変わってきているようです。


アウトソーシングとの違いについて確認しておきます。

「アウトソーシング」・・・・・
組織内部で行っていた業務の一部を短期的に外部に委託すること。人材不足や一時的な業務量の急増といった限定された期間で活用される。

「BPO」・・・・・
組織内部で行っていた、又はこれから行う業務プロセスの全部を、継続的に外部委託すること。

この「BPO」、人材不足や採用難などの時代背景により、組織運営の効率化や最適化に向けて、最近需要が高まってきているようです。
人事や総務、経理業務等の間接部門や、自社内でのノウハウがない業務など、一括して専門とするBPO業者に委託してしまうことで、社内業務を特定の分野に集中させることが出来たり、新たな人材を雇用することもなく、スピードアップが図れます。

多くの中小企業の社長は、大変忙しくされていると思います。
それは、「社長しかできない仕事」以外の仕事を抱えている傾向が強いからです。
会社の規模にもよりますが、社長の「片腕」に権限移譲したり、「BPO業者」を活用することにより、多少のコストを払ってでも、経営スピードをアップさせた方が良いと思いませんか?

社長ご自身が研修やセミナーに参加して新しいことを勉強するよりも、専門のBPO業者に委託してしまった方が、高いクオリティと時間短縮が図れます!

コメント

このブログの人気の投稿

女性特有の労働問題がある(拡散希望)・・・・【喜働のココロ No.264】

単純な自分は幸せです・・・・【喜働のココロ No.144】

熱中していた時期・・・・【喜働のココロ No.154】